BEER

 

 

月のダークラガー

"ひでじビールは九州・宮崎のクラフトビール。

宮崎の北部、祖母傾山国定公園 行縢山(むかばき山)の麓、自然豊かな環境で、上質な天然水とフレッシュな自家培養酵母を使用した商品造りを行っています。●水:工場のある祖母傾国定公園行縢山の麓。花崗岩で磨かれた地下湧水を使用。

●ビール酵母:仕込み毎に専用酵母を選定・培養。フレッシュ酵母仕込。

●麦芽:欧州伝統の麦芽に加え、さらに香り高い宮崎県産大麦使用の自家製麦芽も使用開始。

●ホップ:欧州、アメリカ、ニュージーランド等各地のホップを使用。自家製ホップの実用化に向け栽培中。

●副原料:地元の特産物をフルーツ発泡酒等に使用。日向夏、きんかん、ゆず、生姜や蜂蜜なども地元産です。"

 

 

志賀高原ポーター

"“自分たちが飲みたいビール”。農産物を、酒やビールにすることが私達の仕事です。2005年にホップをつくりはじめた当時、無謀にも「世界に通用する他にないビール」をつくりたいなどと思ったのですが、そのために、昭和30年代後半まで日本一のホップの産地だったこの地で、自分たちで原料づくりから関わってみたいと思い、畑つくりからはじめました。

最初は、軽い遊びのつもりが思わぬ大仕事に。しかし、それを面白がってくれる大勢のファンや、ブルワーのみなさんとの出会いにもたくさん恵まれ、現在では多くの定番品、限定品に自家栽培原料が使われています。また、ホップ収穫から仕込釜投入までの時間がおそらく世界最速(!?)の、自家栽培ホップ生仕込み「Harvest Brewシリーズ」は、みずみずしく柔らかい生ホップならではの味わいが独特で、毎年大好評をいただいています。

ホップや酒米のほかにも、麦や蕎麦、ブルーベリー、ラズベリーなども自分たちでつくることにより、原料を知ることができたのと同時に、自然とつきあう難しさや厳しさも学び、あらためて「酒づくりは風土を醸す」ということだとも実感しています。

これからも、小規模で非効率であっても「この地だからこそできる味」「自分たちが飲みたいビール」を、楽しみながら真剣に追求していきます。

パンプキンウィート

"ベアレン醸造所のブルワリーは岩手県盛岡市北山にあります。

100年以上前の仕込み室をドイツから日本に移設。ドイツ南部の街からヴィンテージな設備を買い付け、船で遠く離れた日本に運搬し、当時のビール造りを受け継いで今日もマイスターが手作りしています。

社名のベアレンとはドイツ語で「熊たち」を意味し、熊が生息する岩手県の自然と、体躯のがっちりした醸造職人をイメージしている。

ブロンシェ

"原料を吟味し、酵母によってビールに命を吹き込む。

職人が細部にまで目を光らせ、一切妥協を許すことなく納得の味わいへ。

毎年、国内の主要なビアコンテストにおいて入賞を果たすなど、

日本人の繊細な舌を唸らせる、本格派ビールです。

どのビールも個性的かつバランスの取れた味わい。

飲む人を贅沢なひと時へと誘います。

ダブルIPA

"創業1575年といわれる参宮客をもてなした名物餅の茶店「角屋(かどや)」。大正時代より始めた味噌醤油醸造を背景に、1997年、クラフトビールに挑戦いたしました。 『伊勢から世界へ』『世界のビールファンを唸らせる』といった合言葉のもとに、 世界が認めるビールをつくることを誓い、「伊勢角屋麦酒(いせかどやビール)」の醸造をはじめました。 2000年にJapan Beer Cup で金賞を受賞したのを皮切りに、2003年には日本企業で初めてとなるAIBA金賞とベストオブクラスウイナー賞を受賞し、その後も、WBC,BIIA,WBA,IBAなど多くの国際大会で受賞を重ねることが出来ました。自然界のさまざまな場所や植物などから採取した酵母を培養し、高品質なホップを駆使して多種多様なビール作りをすることが特徴です。私たちは、お客様に、いつも新鮮な驚きを感じていただき、笑顔になっていただけるビールつくりをしたいと思っています。そのために、常に新しい挑戦を続け、世界のクラフトビールの可能性を押し広げていく業界の先頭集団の一角でありたいと願っています。

ピルスナー(ブロンド)

"本場チェコの麦芽とポップを使用し、豊かなコクと抜群の切れ味、

そして、持ちの良いクリーミーな泡が自慢の『霧島高原ビール』。

ビールの本場チェコで最も古典的な手法を取り入れ、

デコクションという製法で2回に分けて煮出しています。

さらにその後、低温で長期発酵させることにより、最高級の美味しさを実現!

おいしさのためなら、手間と時間を惜しみません。

それが『霧島高原ビール』おいしさへのこだわりです。

FOOD

出雲・松江で九州料理、福岡・博多料理ともつ鍋をメインにした居酒屋です。

もつ煮込み

東京と島根を拠点に展開するグループ店です。

 

豚の角煮

"出雲市駅近くのサンロードなかまち商店街にお店を構えるツバメヤです。

地元の食材を積極的に使用し季節を感じる手作りのお料理と島根の地酒を楽しめるお店です。当日はクラフトビールに合わせたおつまみを提供させて頂きます。

 

ポテトフライミートソース

NYのブルックリンをイメージしたダイニング&デリカテッセン

 

イカとひよこ豆のスパイス煮込み

奥出雲からジビエをお届けするお肉屋さんです

 

ジビエ焼肉、牛豚鳥焼肉、フランクフルト、ホットドック、焼きそば、焼き鳥

"出雲市駅北町(jR高架下)にある、ラーメン篠寛です

ビアフェスでは、普段お店では食べられない限定ラーメンを販売致します!その他、当店自慢の鶏のからあげも!

よろしくお願いします!

 

ラーメン、からあげ

出雲市駅前通りにある宿泊と飲食の複合施設。 地元で取れた野菜、お魚やお肉を中心に前菜からメインまで充実したメニューを揃えています。 お部屋もリーズナブルなドミトリーから特別感のある個室まで、あなたにあったスタイルでご利用頂けます。

 

アウトドア窯で焼くピザとタンドリーチキン

ヴァイツェン

"大山ブルワリーは、国立公園大山のふもと標高300mに位置します。地元農家の方にご協力いただき、原料作りから携わっています。「この味は大山でしか作れない」という個性を作り出すために、大山の自然に体でぶつかり、原料を知ることから始めています。大山山麓は、広大なブナ林のおかげで、良質な伏流水や湧水に恵まれた地域です。現在でも、山麓地域の水道は、この大山の天然水を利用しており、国の「名水百選」や環境庁の「平成の名水百選」に選ばれた良質な水が湧きだすスポットが点在しています。大山ブルワリーは、この大山の伏流水を使って、ビールと地酒を作り続けています。

"

金鬼(ペールエール)

"登別温泉の麓で造られる地ビール。洞爺湖の名産と言われる「わかさいも」で有名なわかさいも本舗が美味しいビールを地元で提供したいという思いから1998年にビール醸造を開始。醸造長もパティシエの経歴を持ち、その繊細さを活かして、ホップやフルーツの香りを見事に開かせるビールを造るのが得意なブルワリーです。

2008年には、日本地ビール協会主催のインターナショナル・ビア・コンペティションで「鬼伝説」のピルスナーとペールエールが金賞を受賞。その他、ジャパン・アジア・ビアカップでも醸造している「スイートストロベリー」というビールも金賞を受賞している。

りんごの発泡酒

南信州ビールは中央アルプス駒ヶ岳山麓標高800mに位置する、澄んだ空気と唐松林に囲まれた大自然の中で醸造されています。南信州の豊かな恵、中央アルプスの雪解け水を豊富に含んだ地下120mより汲み上げた良質の地下水を使った、エール系ビールです。

桃ヴァイツェン(半年熟成版)

"グラスに注いだ瞬間から広がる笑顔、

楽しくて、美味しいビールを。

クラフトビールはその地域にちなんだ様々なスタイルがあり、作り手の個性を色濃く反映します。

それがクラフトビールの醍醐味です。

醸造所から様々な工程を経て、お客様の元へと届くビールは、一本一本に愛情を込め、厳しい目で見定め、そして、『今表現できる箕面ビールらしい味』を追求したものです。

ビール本来の味を皆様にお届けし、ビールを楽しんで頂けたらと日々試行錯誤を繰り返しています。

箕面のこの地域、環境、スタッフだからこそ生み出せるビールが皆様の生活の一部にとけ込んでくれれば造り手としてこの上ない幸せです。